tukuri:gatari

思いついた物を作って語って

「作り語り」

 

個性

4月になり新入社員や退職する場面が多いですね。

在職中の会社でも一期一会が感じられ、

嬉しいことと悲しいことが同時に発生しています。


また、人事評価なども行われ僕の担当する

デザイナーの29名と向き合う期間でもあります。

様々な資料や報告書に目を通して、

適性な評価をしていくことに配慮するわけですが、

デザイナーという職種柄、本当に個性豊です。



個性豊かで繊細で発想力に富んでいる人材なんですよね。

そんな方達と面談をしていると、一緒になって悩んでいる

自分がいます。


組織に属するデザイナーの希望や葛藤と向き合いながら、

デザインに対して何も知識も経験もなかった

若い時の自分と照らし合わせて、もっとこうしていこうよ!

と励ます場面も多いです。



短い記事ですが今日はここまで。

最新記事

すべて表示

今回は特に画像もなく文字ベースで記事を書きます。 ホットウィールやトミカをカスタマイズするにあたり、ボディーとシャーシ(そこの部分)を分離させるのに必要なのはリューターです。 その後、ねじ止めしなければならないのですが、 そのネジ穴を作らなければならないんですよね・・・ これ初体験です。 ネジの溝を作るのがタップというらしいです。 下穴を開けてからタップでねじ切りをつけていかなければならないのです