tukuri:gatari

思いついた物を作って語って

「作り語り」

 

時代への逆行

更新日:2021年4月15日

IT業界は流行の移り変わりが早いですね。

1つ1つをキャッチアップし試しにやってみて

サービスの理解をしていくのはデザイナーにとって

大切な仕事の1つになっています。


特にSNS関連は流れが早い印象です。

制作の現場ではすぐに話題になり、

ある程度の情報収集、

または実際に使ってみる事が求められます。


そういったSNSのサービスを中心に、

自分のやりたいことや宣伝を行なっていけば

容易に集客ができます。

拡散性も非常に優れています。


SNSサービスへ自ら貢献し成長させていく事は

非常に良い事だと思います。

しかし、そのサービスに依存していく流れは

止める事ができず、結局はその中の檻に閉じ込められて

しまっているのではないかなぁと思います。



インターネット上で地に足をつけて、

しっかりやりたい事をやっていくためにも、

自分で作り出していく姿勢が大切だと僕は考えます。


このホームページを軸に作り込みを行い、

ある程度固まってきたらSNSサービスと

連動させて行く事、

所謂地盤固めのようなものですねぇ。




あ、ここをインターネット上の不動産、

そういう事として捉えると

まさに家をたてている状態。

来客者を迎え入れる場所も必要かなぁ。