tukuri:gatari

思いついた物を作って語って

「作り語り」

 

カタツムリ

リモート環境で働いていると雨の日は運動不足になりがちですね。

そんな日の昼休みでも外に出るようにしています。

雨の日の空気は優しい味がするような気がします。


道を歩いていると見慣れない物体が視界にはいってきました。

「カタツムリ」です!


大きな殻からグンッと伸ばした身体に美しい皺。

道路にうずくまってじっくり観察してしまいました。




ふと疑問に思ったのですが、渦巻ってどっち巻きなんでしょうか。

北半球と南半球では逆になったりするんでしょうか・・・

気になりますね。


webで調べてみると同じことが気になっている方がいたようで、

Blogの記事がいくつかでてきました。


結論からゆうと変わらない!ですね。


DNAの螺旋構造と同じ右巻きというのが正しい答えのようです。

黄金比についてはデザイナーにとっては必須のお話。




 


ここからは画像加工についての余談

実際にカタツムリの写真を撮ったのはiPhoneXで、

下記のような画像でした。

不要な落ち葉が写り込んでいて、被写体であるカタツムリが強調できないなと感じたので、それをPhotoshopで取り除く加工をしていきます。

削除したい部分を選択ツールや投げ縄ツールで囲っていきます。

右クリックで「塗りつぶし」を選択し、「コンテンツに応じる」になっていることを確認してOKボタンを押します。


すると周りの画像を考慮してよ感じに馴染ませてくれます。

もの凄く便利な機能なんですが、今の仕事だとあまり使う場面はないんですよね〜

これぐらいのレベルの処理であれば3分程度で終わります。

動画を見ていただくとわかると思いますが、殻と落ち葉が接触している部分は

別の方法を用います。

「コンテンツに応じる」だと周りの画像を判断してしまうので

どうしても滲みがでてしまうんですよね。

そんな時はペンツールで詳細になぞってから、パッチツールで処理していきます。



「コンテンツに応じる」「パッチツール」で処理しても滲みが出てしまう場合は、

範囲を少しずつ小さくしながら何度かやると良いかなと思います。



処理前と後ではこれだけ見栄えが変わります。

さらにレベル補正をかけ、レンズボケの効果を入れれば完成。


美しい殻と皺が再現できたかなと思います。

なれれば所要時間15分でできる処理なので是非やってみてください。

(ブログ書く時間の方が長い笑